• ホーム
  • ED治療薬のジェネリック品の特徴と人気

ED治療薬のジェネリック品の特徴と人気

富士山を見ているカップル

薬は含まれる化学成分によって体調を変化させて病気の治療を行っていくものです。
基本的に含まれている化学成分さえ同様なのであれば効果も同様のものになりますが、製薬会社の利益を保護するためにも薬の成分には一定期間、開発した製薬会社だけがその成分を使用して薬を使って良いという特許のルールがあります。
ED治療薬として最も有名なのはバイアグラですが、これも元々はファイザー社のみが使用できるシルデナフィルという成分を利用して製造販売されていました。
ですが現在の海外においてはシルデナフィルの特許が切れ、カマグラゴールドのようなジェネリックのED治療薬が作られるようになりました。
このカマグラゴールドの効果とは同じシルデナフィルを配合していることからバイアグラと同様の効果を得ることができ、しかもジェネリック医薬品は基本的に安く購入できるのでバイアグラを買うよりも効率的かもしれません。
また、他にバイアグラのジェネリック医薬品として国内流通している有名なものには東和薬品のシルデナフィルOD錠「トーワ」やキッセイ薬品工業のシルデナフィル錠「キッセイ」などがあります。
シルデナフィルを50mg含有するバイアグラよりもそれぞれ300円ほど安く購入できるため、ED治療の金銭負担を軽くしたいと言う人にはジェネリック医薬品は高い人気があります。
またバイアグラのほかによく利用されているED治療薬にはレビトラとシアリスがああります。
これらにもジェネリック薬品があり、特にレビトラのジェネリックであるバリフやシアリスのジェネリックであるタダシップなどは価格が半額以下で使用できることもあって高い人気を有するようになりました。
とはいえ日本ではED治療薬の薬価収載が他国と比べても遅い傾向がある上、ジェネリックは国内使用実績が少ない傾向にあるため、医院・薬局によってはジェネリックを処方してもらえないこともあり得ます。
そのためジェネリックの処方を希望するのであればそれぞれに問い合わせて確認するようにしてください。