• ホーム
  • 前立腺肥大にも効くED治療薬について

前立腺肥大にも効くED治療薬について

黄色のカプセルと瓶

ED治療薬のシアリスが前立腺肥大症による排尿障害の治療薬としてアメリカで使用されています。
ED治療薬はPDE5阻害薬といいます。
PDE5という酵素はサイクリックGMPという血管を拡張する効果のある成分を分解してしまいます。
ED治療薬はPDE5の働きを阻害してしまうことで血管をスムーズに拡張させ、血流が改善するため海綿体に血が行き渡り勃起力が改善します。

前立腺は膀胱のすぐ下にあり尿道を包み込んでいます。
前立腺が肥大してしまうと尿道が絞めつけられ、おしっこがしにくくなったり、尿意が残ったり、頻繁にトイレに行きたくなったりといった症状が出てきます。
前立腺肥大症の治療薬はα1遮断薬が使われています。
この薬は絞めつけられた尿道を緩めるよう前立腺や尿道の平滑筋に働きかけ尿意が残ったり、頻繁にトイレに行きたくなったりする症状を治します。
前立腺や尿道の平滑筋にはPDE5酵素がたくさんいます。
PDE5酵素を阻害する働きによってもサイクリックGMPが分解されてしまうのを防ぐので前立腺や尿道の平滑筋が緩みます。
よってPDE5阻害薬は前立腺肥大症に効果があります。

また前立腺肥大症によるおしっこがしにくくなったり、尿意が残ったり、頻繁にトイレに行きたくなったりといった症状によって夜に眠れなくなり、それがまたEDの一因となっている場合があります。
PDE5を阻害するED治療薬はEDが直接治療できるのみならず、夜に眠れなくなることが原因のEDの治療もできることになります。
前立腺肥大症とEDの二重苦で悩んでいる人には嬉しい話です。
しかしPDE5阻害薬は前立腺肥大の症状の一つである排尿の障害しか治療できません。
直接肥大してしまった前立腺を縮めるわけではないので、前立腺肥大症でも排尿の障害以外の症状で悩んでいる人は専門医に罹る事をお勧めします。